SHINOBU KANEFUJI
kanefuji_prf
私が、初個展から表現してみたかったこと・・ 器でもオブジェでも有り無いもの、超えたもの。 根源的なもの。 全てを含んだ総合芸術(全体芸術のようなもの) そのエネルギーは 断片化、分断化されて傷ついてしまった様々な、現実世界を再生し癒す力があるのではないでしょうか? その試みは、現在進行中です。
作品が自然や人と交感しながら、新しい時空間を共有出来ますように。


ART WORKS


PROFILE

  • 現代陶磁作家  Ceramic Artist
  • 愛知県生まれ
  • 1997年 「≒∞」アートフォーラム谷中(東京)初個展
  • 1999年 「陶、土色のかたち、海色のかたち」Inax Galeria Ceramica(東京、札幌)
  • 2002年 「光と風 交感する陶」INAX TILE MUSEUM(愛知)
  • 2002年 「 凹+凸≒∞」Heart Field Gallery(愛知)以下同画廊
  • 2006年 「自給∞足」
  • 2011年 「小宇宙〜Microcosm」
  • 2013年 「春・Primavera」
  • 2015年 「源」
  • 2011〜2014年 「folding cosmos」巡回展(札幌、NY、BATH、BERLIN、金沢、香川)
  • ・・・など、関東、東海を中心に、国内外で企画展覧会多数。
  • 掲載本
  • 日本陶磁協会発行〜陶説第560号(評論:柏木麻里)
  • 双葉社〜季刊「陶磁郎no.32」 2002.11/16発行
  • 双葉社〜季刊「つくる陶磁郎no.33」2005.11/26発行
  • INAX出版〜やきもの新感覚シリーズ・50人
  • 受賞
  • 1993年〜(93,94,95,98,03,04,05,06,07)第23回全陶展入選(東京、沖縄、オーストラリア)
  • 1994年 第24回全陶展新人賞
  • 1994年 全日本アマチュア陶芸コンテスト 最優秀賞
  • 1995年 同 優秀賞
  • 2001年 the 1st World Ceramic Biennale 2001 Korea 入選
  • パブリック・コレクション
  • INAX TILE MUSEUM(愛知)、かわらMUSEUM(滋賀)

HP:http://2of4of1.wix.com/shinobu-kanefuji-art